Risk Japan (JP)

本カンファレンスは、金融業界の最新イノベーション、リスク管理戦略、テクノロジーの進歩、規制環境の変化等のトピックについて、最先端の識見と情報を常に提供してきました。

Thumbnail
Risk Japan logo

6月4日 2019 | 東京
 

参加したい   自社を宣伝したい

日本におけるリスク管理、デリバティブ、規制関連カンファレンスのリーダー的存在

Thumbnail

600

来場者

100人以上のCRO やリスク管理ヘッドを含む国内来場者最多のカンファレンス

250

企業

主要な海外、国内金融機関

120

経営幹部レベル

影響力を誇るバイサイド企業や銀行の意思決定者

30

講演者

規制当局関係者や業界エキスパートを主としたワールドクラスの顔ぶれ

Thumbnail
愛宕 伸康

チーフエコノミスト

株式会社岡三証券グループ

91年日本銀行入行。調査統計局、金融市場局を経て、10年調査統計局・物価統計課長。11年日本経済研究センターの主任研究員。14年日本銀行総務人事局・人材開発課長。15年日本銀行退職後、 岡三証券チーフエコノミスト。

Thumbnail
ポール・ビショップ

クレジット・アナリティクス部門、ディレクター

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンス

アジア太平洋地域のクレジット・アナリティクス・プロダクツを担当するプロダクト・リードである。シンガポール駐在。クレジットおよびカウンターパーティ・リスク分野のプロダクト・マネジャーとしての経験を持ち、以前はロンドンに駐在し欧州・中東・アフリカのレーティング・クレジット・コンテント部門のプロダクト・マネジャーを務めていた。それ以前は、投資銀行、商業銀行、プライベートエクイティおよびクレジット市場の市場戦略を専任。S&Pグローバル入社以前は、インフラ資産クラスに特化したプライベートエクイティのアナリストであった。

Thumbnail
後藤 茂之

リスク 管理戦略センター ディレクター

有限責任監査法人トーマツ

大手損害保険会社及び保険持株会社にて、企画部長、リスク管理部長を歴任。損保・生保経営管理業務に従事。また、日米保険交渉、合併・経営統合に伴う経営管理体制の構築、海外M&A、保険ERMの構築、グループ内部モデルの高度化、リスクアペタイト・フレームワーク、ORSAプロセス整備に従事。IAIS、Geneva Association、EAIC等のERM関連パネルに参加。現職にて、ERM高度化関連コンサルに従事。

Thumbnail
フィリップ イモフ

ポートフォリオマネジャー 

アムンディ・ジャパン

アムンディは欧州最大の資産運用会社。同社は顧客の目的や制約に適うテーラーメイドなソリューションを提供する一環に株式オプション戦略を位置づけており有数の運用実績を誇る。

フィリップ・イモフは、国内外の投資銀行でエクイティーデリバティブのトレーダーとして売買執行と商品組成を担当したのち、2014年にアムンディ・ジャパン に入社、2016年よりポートフォリオ・マネジメントに従事。プレーン・バニラのオプションからエキゾチックな商品まで、デリバティブに関し幅広い知識を有す。仏理工系グランゼコールEcole Nationale des Ponts-et-Chausséesにて工学学位を取得。

Thumbnail
原岡 直幸

国際経済交流財団

専務理事

1955年 東京 生まれ。

1978年 東京大学経済学部卒業後、通商産業省 入省。

米国プリンストン大学留学(1982年 - 84年 行政学修士取得、在パリ経済協力開発機構(OECD)出向(1988年 - 92年 貿易局エコノミスト)などを経て、通産省通商政策局通商調査室長(通商白書担当)、中小企業庁取引流通課長兼国際室長、在パリOECD。

日本政府代表部参事官、通産省企業統計課長、経済産業研究所総務ディレクターなどを歴任。

2003年から3年間、ジェトロサンフランシスコ所長、帰国後経済産業省経済産業研修所長を最後に、2007年7月、経済産業省を退官。

直ちに国際経済交流財団専務理事に就任して、現在に至る。

Thumbnail
今井 幸英

ETFセンター長

日興アセットマネジメント

1985年4月 株式会社日本興業銀行入社。みずほフィナンシャルグループ(みずほ総合研究所、興銀第一ライフ・アセットマネジメント(現 アセットマネジメントOne))を経て、2006年12月 日興アセットマネジメント株式会社に入社、2008年8月よりETFセンター長。2018年11月よりETF事業本部長 兼 共同グローバルヘッド、ETFビジネス開発部長を兼務。2012年、2013年 武蔵大学経済学部 非常勤講師、2014年 学習院大学経済学部 非常勤講師。

Thumbnail
Sachiko Izumi

Chief Risk Officer

メットライフ生命保険

2017年3月にメットライフ生命保険に入社、チーフリスクオフィサーとしてERMの推進、実行を担当。

日本および英国の金融機関において20年近くの経験を有し、J.P.モルガンにおいて金融商品の開発等を担当の後、クレジットポートフォリオ管理のヨーロッパ・中東・アフリカの共同責任者やポートフォリオ・ソリューション担当のグローバルヘッドを務め、前職の英国バークレイズバンクでは投資銀行部門のグローバルフィナンシャルリスクマネジメント部門において、マネージングディレクター、グローバル・チーフ・クレジットオフィサー、ヨーロピアンクレジットリスクマネジメントの共同責任者を勤めました。

Thumbnail
勝藤 史郎

ディレクター

有限責任監査法人トーマツ

2017年7月より現職にてリスク管理に関するアドバイザリーに従事。2011年から2017年まで6年半に亘り大手都市銀行リスク統括部署で、統合的リスク管理高度化、バーゼルIII見直しの当局協議と社内対応を推進。2004年から6年間ニューヨーク駐在チーフエコノミストとして米国マクロ経済の調査予測に従事していた。以前には債券・コマーシャルペーパーのチーフトレーダーや、ロンドン支店でのディーリング企画業務などマーケット業務に10年以上携わった。

Thumbnail
亀田 制作

審議役

日本銀行金融機構局

1991年京都大学経済学部卒、日本銀行入行。2013年調査統計局経済調査課長、15年金融研究所経済ファイナンス研究課長、16年新潟支店長、17年調査統計局参事役を経て18年8月より現職。

Thumbnail
神山 直樹

チーフ・ストラテジスト

日興アセットマネジメント

2015年1月に日興アセットマネジメント(以下、日興アセット)に入社。幅広い資産クラスの市場分析・予測を行なうとともに、機関投資家ならびに個人投資家のお客様を対象として投資情報や運用戦略等を発信する。


1985年、日興證券株式会社(現SMBC日興証券株式会社)にてそのキャリアをスタート。日興ヨーロッパ、日興アセットの前身である日興国際投資顧問株式会社を経て、1999年に日興アセットの運用技術開発部長および投資戦略部長に就任。クオンツ運用開発をリードするとともに、主に年金基金向けに資産配分の推奨などを担当する。


その後、ゴールドマン・サックス証券株式会社やモルガン・スタンレー証券株式会社、ドイツ証券株式会社、メリルリンチ日本証券株式会社において、チーフ・ストラテジストなどを歴任し、主に日本株式の調査分析業務に従事。インスティテューショナル・インベスター誌「オール・ジャパン・リサーチ・チーム」のエクイティ・ストラテジー部門にて2007年および2008年に第4位に選ばれるなど、内外の機関投資家から高い評価を獲得。


一橋大学経済学部卒、シティ大学(ロンドン)経営大学院にて博士号(ファイナンス)、ニューヨーク大学経営大学院(スターン・スクール)にてMBAを取得。CFA協会認定証券アナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員、証券アナリストジャーナル編集委員、ファイナンス学会理事、投資家フォーラム運営委員

Thumbnail
森西 徹

金融調査チーム次長 / サステナビリティ推進室室長

みずほフィナンシャルグループ

2013年よりみずほフィナンシャルグループ/みずほ銀行の戦略企画部参事役としてBCBSやFSB等が策定する国際金融規制に係る調査や意見発信を遂行。


2010~2013年にはみずほ銀行ロンドン支店の欧州審査部参事役として主にプロジェクトファイナンスの案件審査を行い、さらには2007~2010年にはニューヨーク支店においてIR活動に従事。

 

Thumbnail
京平 森田

マネージング ディレクター, チーフ エコノミスト

クレディ・アグリコル証券会社

2017年4月にクレディ・アグリコルCIB入社。前職Barclaysにて9年間、日本担当チーフエコノミストを務める。それ以前は野村総合研究所および野村證券にてエコノミスト。2019年、日経ヴェリタス・エコノミスト・ランキングで4位。米国ブラウン大学より経済学修士号(2000年)、九州大学より経済学博士号(2018年)を取得。

Thumbnail
レネ・ミュックは

アンダーライティング部長 損害再保険事業部門

ミュンヘン再保険会社

レネ・ミュックは、天候デリバティブを専門として、2011年にミュンヘン再保険会社に入社。農業分野及びエネルギー分野の大企業向け新商品を開発するアナリティックスチーム部長を経て、現在はミュンヘン再保険会社日本支店損害再保険事業部門のアンダーライティング部長。

ミュンヘン大学卒業。専攻は地理学、地質学とリモートセンシング。ミュンヘン連邦軍大学工学部博士課程終了。

松浦 太郎

三菱UFJ銀行

経営企画部 部長

三菱UFJ銀行 経営企画部 部長。2018年8月より日本円金利指標に関する検討委員会 議長。

Thumbnail
森田 智子

国際スワップ・デリバティブズ協会

東京事務所長 シニアディレクター

デリバティブ規制やリスク管理に関する監督当局との折衝、担保管理に係るベストプラクティスの策定や金融指標改革対応等に従事。 パリバ証券審査部、日本興業銀行総合リスク管理部を経て、現職。

Thumbnail
村上 尚己

シニアエコノミスト

アセットマネジメントOne株式会社

23年にわたり、ゴールドマンサックス、マネックス、アライアンスバーンスタンなどでエコノミスト、ストラテジストを務め2019年4月から現職。経済市場・金融政策に精通、日銀審議委員との共著を執筆。

Thumbnail
中島 圭一

理事 総合企画部 部長兼財務企画室長

MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社

1986年に三井住友海上火災保険株式会社入社。保険営業、商品部門、資産運用部門、経営企画部門、海外駐在員等を経験。直近では、2012年にMS Frontier Reinsurance のCEO、2013年から5年間の財務企画部長を経て、2018年より現職。グループ全体の資産運用管理、資産運用体制整備、サステナビリティ投資や持株会社の資金調達を担当。

Thumbnail
中田 裕二

執行役、リスク管理統括責任者(CRO)

野村ホールディングス(株)

野村ホールディングス(株)執行役、リスク管理統括責任者(CRO)。欧州グローバルマーケット部門の責任者やアジア地域COO等を歴任。

Thumbnail
中林真理子

商学部教授、学長室専門員

明治大学

2002年明治大学大学院商学研究科博士後期課程修了(博士(商学))。専門は保険学、リスクマネジメント。企業のリスクとしての倫理的課題について多数論文を発表。2018年より明治大学自動運転社会総合研究所でも研究に従事。日本保険学会理事長、自動車損害賠償責任保険審議会委員、アジア太平洋リスク保険学会(APRIA)前会長など、国内外で広く活躍している。

Thumbnail
野村至紀

ディレクター、ファンドマネージャー、シンプレクス・アセット

マネジメント株式会社

早稲田大学研究科修士(非線形非平衡統計物理学)、人工知能学会会員(JSAI)

Thumbnail
多賀谷 彰

執行役員

株式会社大阪取引所

1990年 東京証券取引所 入所

2003年 株式会社東京証券取引所 経営企画部課長

2004年 同 秘書室秘書役

2007年 同 派生商品部総務企画部グループリーダー

2011年 同 マーケット営業部課長

2012年 株式会社東京証券取引所グループ 渉外広報部長

2013年 株式会社日本取引所グループ 広報・IR部長

2016年 株式会社大阪取引所

                市場企画部長 兼 デリバティブ市場営業部長

                (兼)株式会社東京証券取引所 エクイティ市場営業部長

2017年 株式会社大阪取引所 執行役員(現任)

Thumbnail
対木寿夫

監督委員会事務局次長

国際決済銀行バーゼル銀行

2017年4月にバーゼル銀行監督委員会の事務局次長に就任。同事務局勤務は2008-2012年に次ぎ2度目。

1991年に日本銀行に入行後、ロンドン駐在、副総裁秘書、考査局や国際局のグループ長、金融機構局の課長、参事役などを歴任。

1991年東京大学法学部卒業、1996年ペンシルバニア大学ウォートン校修了(MBA)。

Thumbnail
津曲 光郎

合同会社 Associate Director、アナリティクス東京チーム クオンツグループ責任者

IHS マークイットジャパン合同会社

  • IHS マークイットジャパン合同会社 Associate Director、アナリティクス東京チーム クオンツグループ責任者
  • 国内大手銀行のIMM (Internal Model Method)承認の為に多数のProof of Conceptを行う。カウンターパーティクレジットリスクのバックテスト機能の開発と提供を行う。
  • 英国ノッティンガム大学理論物理学で博士号を取得。金融、物理の分野で多数の論文を執筆
Thumbnail
渡邊 謙

グローバルマーケッツ業務部 、市場規制担当部長

みずほ銀行 

みずほ銀行およびみずほフィナンシャルグループの市場規制担当部長として市場規制・制度対応全般を統括。

20年以上に亘り市場ビジネスに従事し、デリバティブトレーダーとしてキャリアをスタートした後、さまざまなプロジェクトに携わり、この10年間はデリバティブ規制、ボルカールール、グローバル外為行動規範等の対応をし、特に近年はLIBOR移行が最も重要なミッションの一つである。

金融先物取引業協会の業務部会長および自主規制部会長を歴任し、現在、日本証券クリアリング機構の金利スワップ運営委員会委員長および日本円金利指標に関する検討委員会委員。

Thumbnail
梁瀬 敏宏

主任調査役 コンプライアンス統括部 グローバル・コンプライアンス室

三井住友信託銀行

三井住友信託銀行

コンプライアンス統括部

グローバル・コンプライアンス室

主任調査役

Thumbnail
横山 修一

執行役員 リスク統括部長

株式会社三菱UFJ銀行  

学歴:

平成 2年 3月 早稲田大学 理工学部卒業

平成 20年 マサチューセッツ工科大学 経営学修士

 

職歴:

平成 2年 4月 1日 株式会社東京銀行入行 五反田支店

平成 8年 4月 1日 株式会社東京三菱銀行

平成 18年 1月 1日 株式会社三菱東京UFJ銀行

平成 25年 7月 5日 市場企画部 部長(特命担当)

平成 26年 7月 4日 MUFGユニオンバンク出向 兼米州金融市場部長

平成 28年 5月 16日 リスク統括部長

平成 28年 6月 28日 執行役員 リスク統括部長

平成 30年 4月 1日 株式会社三菱UFJ銀行

 

(持株会社) 平成 25年 6月 21日 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ, 市場連結事業本部 市場企画部 部長(特命担当)

平成 27年 7月 3日 市場事業本部 市場企画部 部長(特命担当)

平成 28年 4月 28日 退任

平成 28年 5月 16日 リスク統括部長

平成 28年 6月 28日 執行役員 リスク統括部長

Thumbnail
ビル・サラン

アジア太平洋地区インスティチューショナル・トレーディング・ヘッド

OPTIVER

複数の大手グローバル投資銀行で上級の役職を歴任し、世界最大規模を誇る各ヘッジファンドの経営トップと深い関係を築いてきました。香港在住時には、大手投資銀行のアジア地区エクイティデリバティブ事業を率いていました。さまざまな投資戦略や、自らが取引する商品について深く理解しており、現在では、金融市場ディスラプション(創造的破壊)の最前線に立っている金融機関であるOptiverで、その技能、人脈および知識を如何なく発揮しています。従来の取引のメリットは引き継ぐ形で新しい取引環境を構築できるよう取り組んでいます。

平野 恵

ディレクター、オペレーショナルリスクマネジメント部長

ドイツ銀行

ドイツ銀行(東京・ロンドン支店)にて各種ビジネス、リスク・管理業務に従事。近年、金融指標の管理体制・枠組をグローバルに構築・導入。現在は非財務リスク管理のグローバル・フレームワークの高度化に携わると共に日本・韓国の同リスク管理を担当。

Thumbnail
デイビッド・アンドロソーニ

代表取締役

サピアット

デイビッド・アンドロソーニは、2018年10月にサピアットを共同創業し、次世代投資インテリジェンス・プラットフォームの構築及び事業展開に従事している。同プラットフォームは、機関投資家(年金基金、エンダウメント、ソブリンファンド等のアセットオーナーの他、アセットマネジャー、保険会社も含む)向けの知識管理ツールであり、市場データ、ポートフォリオデータ、そして内部情報等の統合的な管理により的確な投資判断を可能にする。サピアット創業以前、同氏は18年間、先端的な運用アナリティクスの導入支援を、イギリス、ヨーロッパ、アジアにて行なってきた。運用における先進的技術の応用法についての知見を求められ、アンドロソーニ氏は、市場リスク、シナリオ分析、定量的運用手法等について頻繁に講演も行なっている。

日本で最も踏み込んだリスク・投資関連の議題

Thumbnail

2019年 カンファレンスのハイライト:

  • 日本規制当局による国内外の規制動向についての基調講演
  • 業界の主要リーダーによるバーゼル規制実施とノンファイナンシャルリスク管理の課題についての討論
  • LIBORの終焉とその後に関する情報
  • Brexitや米中貿易戦争などの世界情勢が国内市場にもたらす影響についての考察
  • コンダクト、カルチャー、リスクアペタイト、財務ベンチマーキングを考える実用的で情報豊富なプログラム
Thumbnail
著名な規制当局関係者と業界エキスパート

リスクジャパン・カンファレンスには、主要な域内・海外の金融機関と規制当局のシニアプロフェッショナルが一堂に会し、世界における規制改革の影響を分析し、域内の銀行や機関投資家が採用した最新投資戦略を検討します。

Thumbnail
金融・リスクプラクティショナーのための活気あるネットワーキングの機会

毎年開催される当カンファレンスでは、リスク担当の第一線を行くプロフェッショナルに、不安定なマーケットにおける投資リスクの削減を話し合い、信用、市場、流動性、規制リスクに対するリスク管理戦略や金融市場全般に進む規制改革について意見を交わす機会をご提供します。

Thumbnail
リスク・デリバティブのプロフェッショナルのための議論と分析

リスクジャパン・カンファレンスは、リスクや金融業界プロフェッショナルために、今日のリスク管理が直面する課題を理解するための情報と、日本と域内におけるリスク管理と規制の最前線についての卓越した洞察をご提供します。

過去における主な参加企業

Risk JP delegates